「バックパッカー精神」あふれる留学生を世界的企業から引き抜かれるITエンジニアへ育成/株式会社アレックスソリューションズ《後編》

「1年働いたら1カ月旅ができる!」。旅好きに応える制度も多数

なお、同社は社員がイキイキと働くことができる環境を作るため、ユニークな制度を多数実施している。その一つが「フリーバカンス制度」。1年働くことを条件に1カ月の有給休暇を取得できる制度だ。

「会社を作った当初、『旅に行きたいから辞めます』という社員が出てきたんです。何しろ旅が好きな人間を集めていますから、それはそうなるだろうと。『1年くらい働いたらもう限界』というタイプが多いんですよね(笑)。だったら、会社を辞めずにゆっくり旅ができる制度を作ればいいということで始めた制度です」

1年働けばまた権利が発生するので、年に1回は長期の旅行でリフレッシュができる。旅好きにとっては夢のような仕組みだろう。

「異業種・異性交流会助成金」も個性的な施策だ。別名「合コン奨励金」(!)というこの制度は、独身の社員が参加者の独身率50%以上の飲み会を開催する場合、会社が1万円を支給するというもの。「当社は若い人が多いので独身率も高い。結婚して身を固めると仕事にもより身が入ると思って作った制度です」と大野代表。社員の人生をまるごと応援する同社ならではの制度ともいえそうだ。

同社の経営や人材育成、そして上に紹介したユニークな諸制度にも通じているのは、「組織ありき」ではなく、「個人ありき」の発想だ。社員一人ひとりの人生やキャリアを尊重し、第一に考える会社の姿勢が、多様な人材が、自律的にイキイキと働くことを可能にしている。最初から適性のある人材を採用している同社だからこそできることかもしれないが、多様な人材を活かすダイバーシティ経営の一つの理想型といえるだろう。

構成/伊藤敬太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です