全員で挑戦し学びあう「教育→実践→評価」を仕組み化し、組織を強くする/ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社《前編》

※この記事は2016年に取材・制作し、FeelWorksのホームページで公開されていたものを転載しています。


ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社/ファシリテーション型コンサルティングにより顧客の業務改革を実現するITコンサルティング会社。本社は米国マサチューセッツ州ケンブリッジで1991年に誕生。1997年、日本法人設立。2006年、日本ユニシスの完全子会社化。Fast(迅速に)、Right(正しく)、Open(オープンに)、Guaranteed(成果を保証)、Business Case(お客様のビジネス中心)、Behavioral Focus(誠実に)の頭文字をとったFROGBB(フロッグビービー)を掲げ、スピーディで質の高い独自のコンサルティングサービスを提供。95.6%という高いプロジェクト成功率を誇る。2016年8月現在、社員数は102人。人事マネージャーの影山明氏は、著書に『プロジェクトを変える12の知恵─ケンブリッジ式ファシリテーション─』(日経BP社)がある。


人とカルチャーを大事にする経営で働きがいのある会社ランキング2位に

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズは、2016年、Great Place to Work®が認定する「働きがいのある会社」ランキングで、「従業員25-99人部門」の2位に選出された。

例えば、業績が好調な企業でも、短期利益優先の価値観の下では社員は疲弊してしまう。一方、休暇制度や在宅勤務などの働きやすさを追求する会社も増えているが、それだけでは、社員は快適ではあっても、仕事を通して充実感や成長など、働きがいを得ることは難しい。ケンブリッジが社員の「働きがい」を実現できている理由はどこにあるのだろうか?

同社が追求するのは、「人とカルチャーを大事にして方法論を磨くこと」だと人事マネージャーの影山明氏は語る。

「私たちのコンサルティングの方法は、顧客に対して先生のように答えを教えるのではなく、ファシリテーションを柱に、顧客と一緒に汗を流すことで顧客の目標を実現するというものです。そのベースにあるのは、お互いに教え合い、学び合うという振る舞いです」

最新のテクノロジーや業務改革の手法を顧客のビジネスにただ持ち込むだけなら、重要なのはそのテクノロジーであり、手法だろう。しかし、丹念なコミュニケーションによるプロセス重視のコンサルティングを実践する同社では、重要なのは“人”であり、メンバーが共有する“カルチャー”だ。そして、“人”によって現場で常にブラッシュアップされていく方法論が、正解のないプロジェクトを高い確率で成功に導いていく。

一人ひとりのコンサルタントが成長意欲を持って前向きに仕事に取り組んでいなければ、このような創造性は生まれない。同社のビジネスには、そもそも「働きがい」が不可欠なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です