JAL、ANAの出向者受け入れも社会貢献!長期的視野に立った経営が多様な人材がチャレンジし、活躍するカルチャーを醸成する/(株)ノジマ 取締役兼執行役人事総務部長 田中義幸氏《前編》

ノルマなし。自分で目標を決めることが成長につながる

前川:それにしても従業員の方の社会貢献意識がそこまで高いのはなぜなのでしょうか?このコロナ禍などは最たるものですが、私は時代の転換期や危機に陥ったときこそ、平時に増して経営理念に立ち返り、自社が社会にどう貢献できるかを自問自答しながら経営することが重要だと考えています。しかし世を見渡すと、崇高な経営理念を掲げていても、実態は目先の自社収益の確保に汲々とし、現場はノルマ達成に目が向いてしまっている会社のほうが一般的には多いように感じますが。

田中:「社会に貢献する」という言葉は当社で働いていると日常的にいろいろな場面で出てくるので、それだけ浸透しているという面はあるでしょうね。寄附などだけではなく、店舗運営自体も地域に根ざし、地域に貢献することを意識しているので、当社の社員は、普段から自分たちだけが儲かればいいという考え方はしないんです。世の中が大変なのであれば、自分たちに何ができるかをまず考えるような習慣があります。社長もことあるごとにそういったメッセージを発しています。

前川:社長の姿勢が会社の経営理念になってそれが染み渡っているからこそなんですね。そういったカルチャーとも関連しているのかもしれませんが、ノルマがないというのも特徴的ですね。

田中:確かにノルマはないのですが、当然ながら評価はあります。当社では、半期の目標は各事業部門や店舗、個人が自分たちで立てますが、低い目標を立ててそれを達成するよりも、高い目標にチャレンジすることを評価します。例えば、150%を目指して達成度が120%だった人と、110%を目指して120%だった人とでは、前者のほうが個人も成長し、周囲にも良い影響がありますね。

それもあって、当社ではみんなが高い目標を掲げるので、それぞれの目標をすべて積み上げると会社の業績はとんでもないことになってしまう(笑)。ほとんど達成はされないのですが、会社が上からノルマを課すのではなく、自分たちで立てた目標に向けて努力をすることはチームや個人の成長につながっていますね。

前川:御社では、会社の業績だけではなく個人としての目標も大事にしているんですよね。

田中:全員が1年後、5年後、10年後、30年後の目標を社内イントラネットに書き込んでいて、それが社内に公開されています。人事考課の面談の際にも、短期的な目標だけでなく、自分で立てた長期的な目標に向けて努力をしているかといった話はしますね。

(後編に続く)


株式会社ノジマ/神奈川県横浜市に本社を置き、首都圏を中心に店舗展開している家電量販店。1959年に設立された野島電気工業社からスタートし、1982年、株式会社野島電気商会に組織変更。1991年、株式会社ノジマに商号変更。店舗数は2021年1月現在、国内で253店舗。国外ではカンボジアのほか、2021年1月シンガポールに新商業施設を開業することを発表した。2012年以降、経常利益は右肩上がりで上昇を続けている。2020年3月期は、売上高5239億6800万円、経常利益242億1800万円。経営理念は「デジタルGS4(Goods・Soft・Support・Service・Solution)を提供・普及させ、 地域、さらには日本の発展に貢献する」。


構成/伊藤敬太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成の専門家集団(株)FeelWorksグループ創業者。兵庫県生まれ。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒業。リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」「就職ジャーナル」などの編集長を経て2008年に「人を大切に育て活かす社会づくりへの貢献」を志に起業。「日本の上司を元気にする」をビジョンに掲げ、独自開発した「上司力研修」「50代からの働き方研修」、eラーニング「新入社員のはたらく心得」などで400社以上を支援している。2011年から青山学院大学兼任講師。2017年に(株)働きがい創造研究所設立。一般社団法人企業研究会 研究協力委員、ウーマンエンパワー賛同企業 審査員なども兼職。著書は『「働きがいあふれる」チームのつくり方』(ベストセラーズ)、『上司の9割は部下の成長に無関心』(PHP研究所)、『年上の部下とうまくつきあう9つのルール』(ダイヤモンド社)、『「仕事を続けられる人」と「仕事を失う人」の習慣』(明日香出版社)、『もう、転職はさせない!一生働きたい職場のつくり方』(実業之日本社)など30冊。最新刊『50歳からの逆転キャリア戦略』(PHP研究所)は、発売2カ月で4刷とベストセラーとなっている。YouTube「FeelWorksチャンネル」で働き方のヒント発信中▶https://www.youtube.com/channel/UCQfltGZFasnuK0BWQA8BSjg/