ボーナスも採用も決めるのは社員!礼儀や感謝を教え、 経営情報を開示すれば人は育つ/株式会社さくら住宅《前編》

※この記事は2016年に取材・制作し、FeelWorksのホームページで公開されていたものを転載しています。


株式会社さくら住宅/神奈川県南西部に展開する地域密着型リフォーム会社(本社:横浜市)。1997年、二宮生憲社長が大手住宅メーカーから独立し、福田千恵子常務らとともに創業。「社員とその家族」「仕入先、協力業者」「顧客(現在顧客・未来顧客)」「地域住民」「株主、出資者」の五方良し経営を徹底しつつ、18期連続の黒字決算を続けている。2015年には経済産業省「先進的なリフォーム事業者表彰」、さらに同年「第5回 日本でいちばん大切にしたい会社大賞(審査委員会特別賞)」を受賞。同社の経営は『日本でいちばん大切にしたい会社5』(坂本光司著/あさ出版)でも紹介されている。従業員数は44人、うち社員数は32人(2016年3月現在)。


“社員第一主義”あってこそ、お客様に満足を提供できる

株式会社さくら住宅は、リフォーム業界では異色ともいえる経営方針を貫き、成長を続けている会社だ。

例えば、同社では年間約1800件の工事を手掛けるが、その4割は多くのリフォーム会社が見向きもしない5万円以下の小規模工事である。数千円の雨樋の補修であっても、顧客が困っていれば駆けつける。一方で、常に適正価格を提示し、値引きには一切応じない。顧客が筋の通らない要求をしてきたときは、「自分たちの顧客ではない」と判断し、きっぱりと依頼を断る。

「私たちは顧客第一主義ではありません。社員第一主義です」

顧客も社員も取引先も地域住民も株主も等しく大切にし、それぞれと対等な信頼関係を築いていく。これが二宮生憲社長(写真)の経営哲学だ。とりわけ「社員が働くことに満足できないで、お客様に満足を提供できるのか?」という強い思いがある。だから、目先の利益のために顧客の無理な要求を呑んで社員を苦しめることはしない。「会社は社会の公器である」という考えのもと、みんなが幸せになるためにはどうすればいいかを二宮社長は考え、実践している。

この五方良し経営を象徴するのが同社の「お客様株主制度」であり、「全社員株主制度」だ。同社の株主の66%が顧客であり、新入社員を除く社員全員も同社の株を持っている。社長の保有率は20%に過ぎない。非上場の中小企業としては異例だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です