管理職ではなく支援職、企画部門は全員女性。 長期視野のボトムアップ経営で真に人が活きる/三州製菓株式会社《後編》

※この記事は2016年に取材・制作し、FeelWorksのホームページで公開されていたものを転載しています。


三州製菓株式会社/高級米菓(せんべい、あられ)、高級洋菓子(揚げパスタ、サブレ)の製造販売を手掛ける埼玉県の菓子メーカー。創業は1947年。斉之平伸一社長は、松下電器産業株式会社に5年間勤務した後、1976年に父親が創業した三州製菓に入社、1988年に社長に就任。社長就任当時の売上げは7~8億円だったが、デパート、専門店、テーマパークなどへの OEM 製造を中心としたニッチトップ戦略と、現場の人材を育てるボトムアップ型の組織作りによって経営改善に成功。2015年6月期の売上高は25億132万円。売上げの30%を発売から3年以内の新商品で占めることを目標に掲げ、「揚げパスタ」「米粉バウムクーヘン」などのオリジナル商品を次々に生み出してきた。福祉や教育などの社会事業も力を入れる企業家を表彰する「第14回渋沢栄一賞」、経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」など受賞歴多数。従業員数は246人。そのうち女性が182人、非正規従業員が181人(2016年2月現在)。


企画部門は全員女性。会議では「男性発言禁止タイム」も!

次に現場の知恵を活かすための同社の工夫を見ていこう。

企画部門は現在全員が女性。しかし、新商品の企画やネーミングのアイデアは常に全社的に募集しており、誰でも発案することができる。いい企画があれば、パートタイマーでも派遣社員でも企画会議に参加できる。

「ただし、上層部の男性が会議を仕切ってしまうと、女性は言いたいことがあっても発言しにくいものです。そこで、会議では男性の発言を禁止する時間帯を設け、女性が自由に発言できるようにしました。また、新商品のアイデアに関しても、私がいいと思うかどうかではなく、女性従業員の反応を重視しています」

「1人1研究」という制度もユニークだ(上写真)。

パートタイマーも含む全従業員が、年間に1つ、自分で見つけ出したテーマ(業務から離れたどのようなテーマでも良い)を研究し、全社的にプレゼンテーションするという取り組み。実際に製造工程の効率化などに採用されたアイデアも多数あり、現場の日常的な気づきを改善に反映させる仕組みとして機能している。

委員会活動も従業員の自主性を引き出す仕掛けの一つ。「クレームゼロ」「男女共同参画推進」など、5~6人で構成される13の委員会があり、権限と予算を委譲。これまでに、中小製菓業界で初めてとなるトレーザビリティシステムの導入など多くの成果を残している。

そのほか、毎月最も優れた働きをした従業員を従業員同士で投票して選出し、賞金を出す「月間優秀従業員制度」、お互いに助け合った事例を朝礼で自ら発表し、優秀なものを表彰する「一日一善制度」も従業員のモチベーションアップやチームワークの醸成に貢献している。

従業員が“社長のように考える”ことを促すための仕掛けはまだある。月次決算は全従業員にオープンにされ、月次の業績連動賞与や決算賞与はパートタイマーにも与えられる。自分の収入に直結するから、誰もが常に経営や売上げに高い関心を持つようになるというわけだ。なお、発行株数に限りがあるため、持ち株会への参加は正社員のみだが、社債はパートタイマーも購入することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です