企業は50代ミドルの独立支援に舵を切ろう《後編》

企業は50代ミドルの独立支援に舵を切ろう

一方の企業経営者や人事担当者は、法整備が進み努力義務を課された受け身の立場で考えると、ミドル・シニア社員の社外独立まで投資することに何のメリットがあるのかと感じるかもしれません。しかしこの点は、先ほど紹介したタニタの事例や、スウェーデン・モデルの視点からぜひ学んでください。

独立し業務委託契約を結んだ元社員とよい形で協業することが、様々な社外の風を運び入れ、社外に有用なネットワークを広げ、新しいコラボレーションやアライアンスにつながる可能性があります。新たな営業担当者を置かずとも、新規顧客開拓の効果も期待できるかもしれません。ミドル社員が社内で意欲も能力も発揮できず燻っている状態を放置せず、覚悟を決めて独立を視野に入れた支援に踏み出しましょう。そのことがミドルのモチベーションを再度高め、持てる力を引き出し、自社にもプラスの影響をもたらすのです。

スウェーデン・モデルから得られる教訓は「仕事ではなく人を守る」取り組みによって、最新の能力開発への不断の努力を怠らない人材が育てば、環境変化やイノベーションの波にも乗り遅れることなく、一国の経済を健全に回せるということです。「仕事ではなく人を守る」経営が、企業の真の力を高めるはずです。政府のさらなる支援を望みたいところですが、企業も社会の公器。今回の法改正を機に、社外でも活躍できるミドル人材を増やす先駆的な取り組みに期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成の専門家集団(株)FeelWorksグループ創業者。兵庫県生まれ。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒業。リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」「就職ジャーナル」などの編集長を経て2008年に「人を大切に育て活かす社会づくりへの貢献」を志に起業。「日本の上司を元気にする」をビジョンに掲げ、独自開発した「上司力研修」「50代からの働き方研修」、eラーニング「新入社員のはたらく心得」などで400社以上を支援している。2011年から青山学院大学兼任講師。2017年に(株)働きがい創造研究所設立。一般社団法人企業研究会 研究協力委員、ウーマンエンパワー賛同企業 審査員なども兼職。著書は『「働きがいあふれる」チームのつくり方』(ベストセラーズ)、『上司の9割は部下の成長に無関心』(PHP研究所)、『年上の部下とうまくつきあう9つのルール』(ダイヤモンド社)、『「仕事を続けられる人」と「仕事を失う人」の習慣』(明日香出版社)、『もう、転職はさせない!一生働きたい職場のつくり方』(実業之日本社)など30冊。最新刊『50歳からの逆転キャリア戦略』(PHP研究所)は、発売2カ月で4刷とベストセラーとなっている。YouTube「FeelWorksチャンネル」で働き方のヒント発信中▶https://www.youtube.com/channel/UCQfltGZFasnuK0BWQA8BSjg/